ハヤテ

初めて見たときは、決めれませんでした

そういえば、ちょっと前に
「ワクチン」と「春の健康診断」を済ませて、
やっと我が家も、ウソのように1万円が消えてくキャンペーンが終了した。

並んでるチワワーズ

このキャンペーン期間以外のときは、
結構本気で「できればもう1頭・・・」と考えたりもするけど、
キャンペーン突入とともに、現実を知らされる。

 
さくら(チワワ ♀ 5歳)を突発的にお迎えしたときと違って(→コチラ)、
ハヤテ(チワワ ♂ 4歳)のときは、
ペットショップに行っても、チワワの赤ちゃんをばかり、重点的に見てた。

とは言っても、
経済的に全然余裕がある家じゃないんで(まぁ、恥ずかしい)
2頭目なんて、手の届かない夢物語だったんだけど、

 
 
出会っちゃったねぇ。

パピーハヤテ5

このハヤテと出会ったときに、仔犬は抱いちゃいけねぇというのを学習した。
だって思わず「オバちゃん家に来る」って思っちゃったもん。
そんなこと問いかけちゃったら、それは、ねぇ。

 
パピーの頃の写真を時々見て、改めてびっくりするんだけど、
ハヤテの顔って、こんなに黒かったっけ

パピーハヤテ3

まるで覆面を被ってるようじゃないか。

少しずつ成長するごとに、気付かなかったけど色がどんどん抜けてって、

パピーハヤテ5
  パピーハヤテ4

『目張り』が強く残ったための、目つきが異常に鋭い時期を過ぎ、

パピーハヤテ6
(この仔犬の中に、何歳ぐらいのオッサンが入ってるんだろうって、時々考えたり)

 
その『目張り』が残ってくれただけに、
なんだか、すっかり

イケメンハヤテ
ハヤテ

イケメン君に成長してくれた(バカなのは百も承知)。

 
だけど、ハヤテと出会った日は、その場では決めかねて、一旦家に帰った。
「可愛い。可愛いんだけど無理だよねぇ」としつっこいぐらい旦那さんに言いつつ、
確認(?)のため、その日の夜、そこのお店でハヤテの『宣材写真』を見た。

 

 

・・・?

あれ、私が心を奪われたチワワのパピーちゃんって、この子だっけ?

確かにこの子なんだろうけど・・・、

と、なんだか納得できなくて、その夜何度も写真を確認して、
もっと確認したくなって、次の日またペットショップに確認作業に出かけ、
帰るときには、ハヤテをお迎えする契約書にサインしていた。

だって、そのお店のハヤテの『宣材写真』が、

 

 

 

こちら。
ハヤテの宣材写真

ほかの子は、ちゃんとハウスの中でおもちゃで遊んでたり、
ちょこんと座ってるのとか、カワイイ感じに撮ってもらってるのに、
悪意さえ感じるわ、この写真w。

そんだけ、いう通りに撮らせなくてこんな感じに
捕らえられた宇宙人風になっちゃったのかしら。

ねぇ、本当はこんなに可愛かったのにねぇ。

パピーハヤテ4

 
 

・・・おや?
あれ、あんま大差なかったか。

 

ありませんとも。

 

 


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-ハヤテ