しつけ ハヤテ

チワワが吠えなくなる日まで 1回目

『隠し撮』しました(ニヤリ)。

さくら2

なにをって、ハヤテのを。

前に書いたんだけど(→父親が変われるなら、うちのチワワだって)、
多分3ヶ月前ぐらいから、ハヤテ(チワワ ♂ 4歳)が、
散歩中、ほかのワンコを見かけると吠えかかるようになってしまった。
それはもう、気が狂ったように。

 
このままじゃいけない。

とりあえず現状を確認したいけど、
我が家の犬がよそ様のワンコに吠えかかってるのに、
カメラ片手に「ダメよ~」って、それはどうよ、と思った。

・・・んで、『隠し撮り』。
只今、うちのハヤテ君、こんな感じ。
※音、出ます。

 
 

どんどん悪化していく吠えに、
どうしたもんかな、とネットで検索してて、
さくらの拾い食い時代(→チワワのこんなん出ましたけど)を思い出した。

 
「なんで、こんなに正解がないの?」

チワワを育てて、たかだか5年。
そんな間でも、当時検索したり本を読んでた頃に「いいよ」と言われてたことが
今はもうダメということもあるし、
当時でも、「こんなときにはこうしよう」と言う人もあれば「それは間違い」と言う人もいた。

 
きっと、正解なんかないんだ。

特に私は子育てをしたことがないから、余計イライラするんじゃないかと思った。
世のお母さんたちは、きっとこういうことに正解がないことを知っている。
色んな方法や道筋があって、試行錯誤して、悩んで、
でも軸となるのは自分が持ってる価値観や良心に照らし合わせること。

さくら3

・・・うん、なに、このブログ。

イヤイヤ、でも、きっとそうなんじゃないかと。
こういう方法がいい!と書いてる人たちだって、
きっと自分がいいと思ってるから書いてるんだろうし、
「これはいい!」と絶賛されてる動画があるとしても、
私自身がそれを見て、そんな厳しいことのはヤだと、と思うと賛同できないわけだし。

大きなとこだと、さくらをお迎えした当初から迷った、
しつけにオヤツを「使う」のか「使わない」のか、とか。
なにかひとつを取っても、意見は割れるよね、割れてるよね、

なのに、
「ワンちゃんが吠えたとき、飼い主さんが大きな声で叱るのはいけません」
って、なんでそこは割れない?

割れないってことは、しちゃいけない?
私、すごくしてるね。
声が裏返りそうなぐらい高い声で、「ダメっ!」って言っちゃってるね。

 

 

・・・すいません

ハヤテがもし、恐くて吠えてた場合、私がそこで声を荒げることで、
さらなる恐怖を与えちゃうとか、諸々ダメな理由が羅列されてました(オット、ドッコイ)。
なにかがきっかけで、ハヤテが吠え始めたとして、
それを私が強化しちゃった可能性はということか・・・。

落ち込んでばかりもいられないから、
とりあえず、ハヤテのリードは短めに持つことにしてみた。

散歩中のチワワーズ

あと、よそのワンちゃんに出会って、吠えたら
低い声で、落ち着いて「お座り」させて、
私もハヤテも落ち着かせる、というのを実践してみることに。

散歩中のチワワーズ2
(はい、そこ、散歩中にあくびしない!)

 
さて、実践。
※音、もうめちゃくちゃ出ます。

 
 

んぐぐぐぐ・・・。

「お座り」をさせると、少しは落ち着くんだけど、
やっぱりワンちゃんとの距離が近かったり、
相手の動きが大きかったりすると、吠える。

と、ハヤテが「激吠え」してたのは、それはそうなんだけど、
私の落ち着きなさすぎっ。
もっと「お座り」も1回でさせるような雰囲気といいますか、威厳を持たないと。
そんな連打するように「お座り」って・・・。

でも、こうやって動画で見ると、自分のダメなとこが確認できてよろしい。

さくら3

このとき、ワンコが好きでハヤテを待ってた柴ちゃんは、
私たちが着く前にも他の柴ちゃんと出会ってたんだけど、

どっちの飼い主さんも自分のワンコが攻撃性もなくワンコ好きって知ってるんですよね、
ロングリードをお互いに伸ばしたら、
初めて会ったんだろうに、すぐに匂いを嗅ぎあって、回って、遊びはじめた。
もう、なにそれ、なにそれ、なにそれー。
羨ましすぎて、立ちくらみしそう。

あぁ、神様、そこまでは望みません。
せめて散歩中、穏やかにすれ違うことができますように。

・・・あ、でも、ハヤテはほかの子に興味があるから上手に挨拶ができれば、
あ、挨拶するからには匂いを嗅ぎあってもギャギャを出さずに上手くやって欲しいし、
気の合う子となら、初めて会っても、すぐに匂いを嗅ぎあって、回って、遊びはじめてほしい。

 
うそうそ、そこまでは望まないから、

ハヤテ

散歩が大好きで、私が大好きなハヤテと、気兼ねなく散歩ができるようになりたい。

 

 


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-しつけ, ハヤテ