チワワーズをカットして - ちわわブログ

さくらとハヤテ

チワワーズをカットして

2017/06/14

足、すごーく短いですよね♪」というのが褒め言葉だと、
チワワーズ(さくら ♀ 5歳 ハヤテ ♂ 4歳)のカットで初めて知った。

ご褒美
(頑張ったご褒美)

 
うちにも年に1度のカットの日がきた。
さーちゃんは可愛らしくて女の子らしい顔だから(←犬バカ)

カット前のさくら

耳毛とかサラサラあった方がいいかな、と切らなかったんだけど、
今年は久々にカットしてもらうことにした、

カット前のさくら2

 
どうでしょう?

カット後のさくら

あんま、変わんないですか?
アルパカみたいですか?

 
もちろん、坊ちゃんは毎年恒例のがっつりカット。

カット後のハヤテ

・・・・、
なにやら、

 

 

顔がでかい

なんだか顔が、でかいな。
不自然なぐらいに、でかいな。
と、よくよく見てみると、「エラ」が張ってる。

カット後のハヤテ2

ちょっと分かりずらいかもしれないけど、
顔まわりだけ、毛が変に毛が残されてる。

カット後のハヤテ4

この部分だけ毛を残すセンスがわからない。
そのセンスがわからない私が、わからないヤツなのか。
とりあえず、この残った部分を切ってしまおうと思って、考えた。

どうやら、この部分だけ残したわけじゃなくて、
体の毛を目いっぱい短くしちゃったんで(まぁ、その注文を出したのは私だけど)、
顔まで、その短さにするわけにいかず、余っちゃったようだ。

この部分を切ると、さらに顔の中心に向かって毛が残ってしまい、
「あぁ、また毛が余っちゃった」と、
どんどん輪が小さく、どんどん顔の中心に集まって、
ちょっと面白いことになっちゃいそうだったんで、
そのままにしておくことに。

それにしても、
もうちっとは、グラデーションをつけるなりなんなりできそうなのに。
センスの問題というよりは、技術の問題だったみたい。

カット後のハヤテ3

大丈夫大丈夫、1ヶ月もすれば馴染むよ。
だってホラ、こんな感じ、

カット後のハヤテ5

もう、堅めの材料で人形を作って、
机の上に飾ったり、ポケットにそっと忍ばせて持ち歩きたいぐらい可愛い。
あ~、可愛いっ(満足)。

で、坊ちゃん自身はどうかというと、
何時間か我慢してたからでしょうね、すっかりご機嫌斜め。

カット後のチワワーズ

そんなハヤテを見て、
以前働いてたとこの、直属の上司のことを思い出した。

会議を終えた、更に上の上司が帰り際、その人のとこに寄ってきて、
それはもうどうでもいいような話をしてた。
直属の上司を知ってるだけに、その人には、その話が全く興味がないのも、
すごいがんばって愛想笑いをして、相槌を打ってるのも手に取るように分かった。

そして、その人の中に『ストレス』がガンガン溜まっていく感じも。
もう、全身から『ストレス』という名のオーラが立ち上ってる感じ。

ご機嫌斜めのハヤテ

うちに帰って来てからも、
いつもは怒らないようなことでも、さくらに牙をむいて、
私たちに撫でられてるときも、かなり敏感になってたらしく、
ちょっとしたことで上唇があがってきてた。

オヤツを食べるハヤテ
(それでも、出されたものは食べる主義)

カットを終えてお会計時、
「2人は、お家で仲良しですか?」と聞かれ、
「ううん、全然」と首を振ると、

トリマーさんがちょっと困った顔で、
「待ってる間、同じケージに入れてたんですけど、
はじっことはじっこに居て、全然寄り添わなかったので、
お家ではどうなのかなって、思いまして」と言った。

 

寄り添わなかったので・・・。
寄り添わなかったので・・・。
寄り添わなかったので・・・.。

知ってたことだけど、まぁまぁのダメージ。
そんなストレスが充満するような環境下でも、
うちのチワワーズは寄り添わないか、そうか。

まぁ、でも、そんな緊張感たっぷりの状況だったろうに、
ハヤテがさくらに八つ当たりして
キレたりしてなかっただけでも、よしとしよう。

寄り添わない二人

寄り添わないのが、うちのチワワーズだしね。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ