さくらとハヤテ 散歩

ちわわと散歩

2017/01/26

さくらたちをお迎えする前に、

並んでるさくハヤ
(焼き芋もらえる5秒前)
私がワンコに対して持っていた3大要素が、

①食べるの大好き
②飼い主さん大好き
③散歩が大好き

散歩中のさくハヤ

というもの。

 

で、実際にワンコと生活してみてどうかというと、

①はばっちり間違いなし。
いつかは、フードひと袋分ぐらい出して
「あ~、もう無理、食べらんない」
という姿を見てみたいと想像させるぐらいの底なしな食いしん坊ぶり。

イチゴを食べてるハヤテ
(顔、怖しw)

 

②に関してはというと・・・・、

う~ん、これはちょっと微妙w
比べるもんじゃないかもしれないけど、
間違いなくご飯のほうが好きでしょう。

 

 

さて、本題の③。

ハヤテがうちに来るまでの1年間は、
「散歩が好き!かけっこが好き!お外ばんざい!!」
は小型犬には当てはまらないのかな
と、あまり乗り気ではない様子のさくらと
それでもせっせと散歩してた。
(海とか山とか連れてくとはっちゃけるけど、
ご近所散歩はまるで興味なし)

 

ところがところが、
うちの2頭目チワワ君が、大の散歩好き。
楽しそうに散歩してるハヤテ

以前雑誌で、
ほぼ毎日ワンコと散歩をすると、
寒暖の差や首輪での引っ張りなどで、寿命が1年縮むというのを読んで、

「なにうぉ?!」とは、びびったけども、
さくらとの散歩では経験したことのなかった、
鳥追っかけぇの、猫に挨拶しぃの、ダッシュかましぃのと
散歩中も体中から、

「オイラ、楽しい、歩くの楽しい!!」

が溢れ出てるハヤテを見てると、
やっぱり、少しでも天気がいいと外に連れ出したくなっちゃう。

 

そんなハヤテは、
首輪を見せただけで、大興奮。
首輪とハヤテ

 

尻尾振って、
首輪とハヤテ2
振って、
首輪とハヤテ5

膝に乗る。
首輪とハヤテ6

 

もう、嬉しすぎて、興奮しすぎて、
自分の感情をもてあましちゃって、
ちょっと、アレな感じになっちゃうぐらいの散歩好き。
首輪とハヤテ3

 

ハヤテに首輪をつけて準備してる間、さくらがどうしてるかというと、

首輪とさくら

おっ、とりあえず興味はあるのよね。

が、次の瞬間には、

 

 

 

 

 

 

・・・・あ、逃げた。
首輪から逃げるさくら

 

逃げる、
首輪から逃げるさくら2

逃げる、
首輪から逃げるさくら3

 

これまた逃げる。
あ、隙間に入っちゃった。
首輪から逃げるさくら4

こうなると、もうなかなか捕まえられない。

 

だけど、私には最終奥義がある。
それは・・・、

 

 

 

 

 

 

「さーちゃん、ハウス!!」

ハウス中のさくら

 

フフフ、まんまと入ったわね。

ハウスはご飯をもらえるかもしれないとこ。
ご飯大魔神のさくらの体は、コマンドに逆らえない。

 

 

とか、こんなことごちゃごちゃやってたら、
チワワの運動量としては、もう十分じゃなかろうか、

と頭をよぎる。

 
 
 
 

-さくらとハヤテ, 散歩