さくらとハヤテ チワワ友達 散歩

チワワに友達ができるまで

私、ブログでは時々見かけたことがあったけど、
現物は始めて見た。

『ワンコを伏せて待つワンコ』

うさみみさくら

 
公園が閉園間近の時間、帰ろうとしてると
前方に芝ちゃんとおじさん。
あれはもしかしたら、以前出会った芝ちゃんじゃなかろうか
(→チワワが吠えなくなるひまで2回目

 
と思っていると、
歩いてきた芝ちゃんが、ピタリと『伏せ』をして
ハヤテ(チワワ ♂ 4歳)を待ってるではないかっ!
(その横で、そんな芝ちゃんにおじさん苦笑中)

相当ワンコ好きの芝ちゃんなんだなぁ(羨ましい)。

 
うさみみさくら3

 
今回も甘えてハヤテのリードを伸ばしてみたら、

喜んで近づきながら、ハヤテは、案の定、ずーっと吠えっぱなし。
遊べると思って裏切られた芝ちゃんは、呆れっぱなし。
途中でハヤテに興味をなくして離れていこうとした。
でも、ハヤテはそれを追いかけて、やっぱり吠えっぱなし。

 
(お気づきでしょうが、
もちろん今回も写真を撮る余裕なんてなかったんで、
うさみみチワワの画像でいきます)

うさみみさくら2
(いつか撮れる日なんかくるんだろうか)

 
そんなハヤテをあたふたしながら見てて、私はふと気づいた。
「ハヤテ、リードは十分にたるんでますよ」と。

最初は、「ワンワン」吠えて、ぐいぐい行こうとするハヤテを
リードを引いて抑えてた気がするんだけど、
今は十分にリードは緩んでいる。
芝ちゃんに、もっと近づきたいんであれば、全然近づくことができる。
だけど、一定の距離を保って吠えてるだけ。

 
 

やはり、お主、ビビリであったか。

うさみみハヤテ

 
その証拠に、これまたこの前あった子犬に再開したときは、
もう全く吠えずに、黙々と近づいてってたもんね。

ただ、ハヤテのことを言ってるばっかりじゃない。
私もあたふたし過ぎ。
車に乗ってから気づいたんだけど、
「そんなに吠えっぱなしだと遊んでもらえないよ。
吠えないで静かに行けばいいのに」

・・・って、

 
 

だったら、あんたが落ち着かせなさいよっ。

以前働いてたとこに、若い男の子がいて
その子のことを散々「言われたことしかできない」
と、ご立腹だったくせに、

「散歩中に行き交うワンコに吠えさせない」
って、目の前でギャンギャン吠えてるじゃん。
「遊んでるワンコにも吠えさせない」ようにしなさいよっ。
どんだけ応用が効かないんだよっ。

 
うさみみさくら4

 
と、車で猛省しながら帰ってきた。
今度会うことができたら。
また芝ちゃんが伏せて待ってくれたなら。

今度こそは絶対、ハヤテを何度でも落ち着かせよう。
最近のハヤテを見てると、どうも
「吠えて相手が気づいてくれたら、遊べる」
と勘違いしてるように見える。

うさみみハヤテ2

 
それを「吠えなければ遊べる」に変えることができるかもしれないし。
(まぁ、遊べたら遊べたで、今度はキレるかもという問題が残ってるけど)

 
という感じで、
ワンコを見かけても吠えないようにすることが目的だったけど、
そのお陰かなんか、
ワンちゃんと知り合う機会が増えて、

いつも間にか、ワンコとどうやったら友達になれるかにシフト中。
それでハヤテも私も楽しいことが増えればいいから、
ゆっくりやってこうと思う。

 
ただ気がかりがあるとすれば、

カフェなんかに行ったときは、
「他のワンコがいるなんて、ムリッ」
と、なるべく気配を消して1人でこっそりしてんのに、

ハヤテが芝ちゃんと戯れ中、
私に抱っこされながら、「ウウウ・・・ワン」と
急に自分をアピールするさくら。

ほっかぶりさくら

 
だったら、降ろしてあげましょうか。

ほっかぶりさくら2

 

 

ぽちっとしてね↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ, チワワ友達, 散歩