さくら しつけ 噛む

飼いチワワに手を噛まれる

たいしたことはないけど、
すんごい久しぶりに、

 

 

流血した。

さくらに噛まれた指
 

うちで流血沙汰といえば、ちっちゃな頃からキレ味抜群の
ハヤテ(チワワ ♂ 4歳 癇癪野郎)
と相場が決まってるんだけど、
 

頑固なハヤテ2
(悪いことをしちゃったと完璧に理解し、隅っこから状況を確認中)
 

今回は、なんとうちのべっぴんさん(関係ないし)、
さくらの仕業。

 
うちのさくら(チワワ ♀ 5歳 おっとりだけど我がまま)は
普段、こ~んな表情、
 

さくら
 

そのままに、穏やかにぼんや~りと過ごしてる。
時には、もっとしっかり目を開けて生きなさいよ
と言いたくなったりもする。

以前、道行く全く見ず知らずの「おじお兄さん」に、
「目に力がない」と言われたことがある。(んま、失敬な!)

 

チワワ集合
(集合写真って、絶対、目をつぶっちゃうから嫌い)
 

そんな、のへら~と毎日を過ごす、うちのさーちゃんにも
キラリンと目に光が宿るときがあるっ!

それが、『水辺』と『食べ物』。

 

食べ物を見ただけで、

さくら2

 
犬が変わる。

さくら3
 

で、このオヤツをあげるときに、
1秒でも早く、急いで食べたいがために、

食べるさくら
 

「バクッ」と奪うように取ろうとして、

食べるさくら2
 

そのときは、私の手ごと、いっちゃったんだね。
しかも、焦るあまり軽くジャンプしてるもんだから、
そのまま、ぎーっと下に引っ張られ、流血と相成りました。
 

食べるさくら3
(お口から肉が出た状態のまま、まだ持ってないか確認中)
 

確かに前から、「何をそんなに生き急いで」
てな感じに、オヤツを奪っていってた。「痛い」と思ったこともあった。
特に、ちっちゃなオヤツのときが危ない。
あぁもう、そんな綺麗な顔して(関係ないし)、いつからこんな浅ましい子に。
 

食べるさくら4
(まだまだ確認中。もうさーちゃんなんだか、カモノハシなんだか)
 
 

そんな、オヤツ風景がこちら↓。
※音、出ます。

 
って、毎回なんだけど、撮りたいものは撮れないね☆

誰かにオヤツをもらったときに、
こんなことしてたらイカン!と思って、
「ゆっくり」「優しく」って少し教えたら、もう覚えたみたい。

 
すごいねぇ、さーちゃん。
賢いねんだねぇ、さーちゃん。
顔も可愛いうえに、運動神経もいいんだね、さーちゃん。(もう何の関係もない)
↑頭を斜めに傾げながら、NHKのお姉さんのように読みましょう。
 

と、噛まれたチワワの自慢でおしまい。

 

 

押してもらえると、励みになります。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくら, しつけ, 噛む