おもちゃ さくら

チワワのお鼻

さくら(チワワ ♀ 5歳 寂しん坊)は、
おもちゃを貸してあげても、
1人で噛んでる分にはすぐ、飽きる(持って5分)

 
で、すぐに「遊んで~」「投げて~」、
飼い主に参加を求めてくる。

いや、そのときは、
「遊んで」というよりは、
「やれるもんなら、やってみぃやっ」といった気迫だ。

 
気合の入ったさくら
(ちっちゃいの、一丁前に胴震い中)
 

見よ!この、躍動感。

気合の入ったさくら2

 
と、カフェなんかでは、端っこにいて、

ちまっと、さくら
 

ほかのワンコとは、ちっとも絡まないのに、
飼い主とおもちゃで遊ぶときは、必要以上に燃える。
 

「投げみぃやっ!」というときも、

あんまりに興奮しすぎてて、
私が投げるのも、ちゃんと確認せず、
当てをつけて、投げる前から走り出しちゃうもんだから、

 

 

そして、当然のように見失う。

 
おもちゃを探すさくら
 

全く見つけられる様子のない、
その姿が『不憫』なんで、
「そこだよ、そこ」と指差して教えてあげるんだけど、

ちっとも見つけられない。
というより、
そもそも、自分で見つける気が、ない。
 

おもちゃを探すさくら2
すぐ、人に答えを聞こうとするやつ。
 

ものすごく慌てながら、

「おもちゃはどこだー!!」

とキョロキョロしてる姿を見てると、
さくらは一応、『犬』だよね。
大丈夫だよね、と誰かに確認したくなる。

 
チワワと暮らしてみて、初めて知ったけど、
犬はとっても鼻がいいのかもしれないけど、
普段は使ったりしないんだね。

いやいや、違う、今はそんな大層な話じゃない。
人の何万倍の力を使わなくったって、
そんな難しいことをしてるわけじゃない、

そこだよ、すぐそこ。
慌てず、普通に見れば、いいだけなのに。

 
おもちゃを探すさくら3
いや、そんなとこには、絶対にないから。

 
もし、さくらが私の子供だとしたら、
通信簿には、毎学期必ず、

「もっと、落ち着きを持ちましょう」

と、書かれてくるんだろうな。

 

 

押してもらえると、励みになります。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村
もっと、落ち着け。

-おもちゃ, さくら