首が痛い。 - ちわわブログ

さくらとハヤテ

首が痛い。

さくら(チワワ ♀ 6歳 骨の髄まで甘えっこ)は、

 
さくら

 
「散歩に連れてく気かもしれない」と気づいたとき以外は、
ずーっと側で、「撫でてけろー、何があっても撫でてけろー」
と訴え続け、夜は私の布団で一緒に眠る。
 

さくら2

 

そんなさくらが昨日、
いつも私と一緒に寝てるさくらが昨日、
どうしたわけか自分のハウスで寝てしまった(自分のハウスだから別にいいんだけど)

なんだろう。さくらは私と寝ることに、若干飽きてきてるのだろうか。

 
さくら3

 

これにはハヤテ、困った。
ちょっとは一緒に、さくらのハウスで寝ようかとトライしてたけど。

 

先日、ある意味、ハヤテ(チワワ ♂ 6歳 親離れ中)との
意思の疎通が図れて、絆が深まった(?)可哀想な私の話を披露したんだけど(→コチラ)、

 
見つめるハヤテ
 

あんな結末を迎えさせといて、
寝る場所がないんで、仕方なく私と寝るという。

 
まぁ、私も人間なんで、チワワに悔しい思いをさせられたからといって、
意地悪したりはしませんよ。

だって、人間だもの(よしっ)

 

ハヤテは小さな頃から悪ガキでって、それもそうなんだけど、
小さな頃から潜って眠るのが、あまり得意じゃなくて、
どうしても潜って寝なくちゃいけないときは、周りに対して異常に敏感になる。

ちょっと私が動いたりして違和感を感じると、
すぐに出たり入ったりと忙しい。

 
何年か前、寝返りを打った足がハヤテに当たって、
キレて噛みつかれて起こされる、
というステキな目覚めをプレゼントされた経験あり。

 
威嚇してるハヤテ
 

そのため、さくらのときは全く気にせず寝返りを打ってた私も、
無意識のうちに、足の動きなんかに気を使ってしまう。
そうやって、何とか眠りについた私たち。

 
その後も寝ながら無意識に気を使ったんだろね。
直角に曲がった首が痛くて朝方目を覚ましたら、

 
 

ハヤテが私の枕の、ど真ん中で寝ていた。

 
1度、上げてしまった頭は、
もうどこに降ろしたらいいかわからず、
枕の真ん中でお腹を見せるハヤテを見つめる、午前4時。

そのまま、しばらくボーっとしてると、
私が起きたと思ったさくらが、ついにハウスから出てきた。

 

「おぉ、さくら、ありがとうっ」

 
まったりさくら
もう白い天使だと思うのよ、私。
 

後光が差してるような、そのさくらの姿を見て、

そそくさと、さくらにハウスに向ったハヤテも、
ゆっくりと布団の中で体を伸ばした私も、そう思ったはず。

 
やっぱり、無理をせず、「好きなように生きる」に限るね。

 

 

押して応援してもらえると、嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ,