チワワーズとの切ない夜 - ちわわブログ

さくらとハヤテ しつけ

チワワーズとの切ない夜

2018/01/27

いつも、尻尾フリフリ、体全体で、大歓迎を表現して、
毎日お迎えしてくれるハヤテ(チワワ ♂ 5歳 薄情者)が、

 
おねだりチワワーズ
さくらも、いるよ。

 
旦那さんがフードを作成中だと、
名前を呼んでもチラッと振り返るだけだった。

 
と、以前書いたことがあるんだけど(→コチラ)、

 

ハヤテは「夜にきちんと寝る」主義で、
直前まで旦那さんとイチャイチャして、

私の横を通るときは、捕まらないようにと、
さくら(チワワ ♀ 6歳 家の中では平常心)のハウスへと急ぐ。

それでも呼び止められちゃったときは、
一応、愛想を振りまく振りをするけど、私が撫でる手を止めた隙を狙って、

さくらのハウスへと急ぐ。

 
逃げるハヤテ
 

そして、ついにこの前は
呼ばれたのに聞こえないフリして、そそくさと通り過ぎちゃって、
その後、呼んでもさくらの部屋から出てこなかった。

 

えぇ~、なんなのよっ。

 
旦那さんとイチャつく前は、
私の膝をさくらと『取りっこ』してたくせに。

 
あぁ、あれも歯磨きして、ご褒美をもらうためか。

そして、その前はハウスから出たかったからか。
で、その前は・・・・。

 

と、私に対する、その可愛い振る舞いの裏には、
常に黒い策略があるということを、こうもまざまざと知らされると、

いつも側にいて、
なんでもいいからとにかく撫でを要求してくるさくらが、
「んもう、今忙しいのに」
と言いつつも、可愛く感じられるのが人情ってもんじゃないか。

 
おねだりチワワーズ2

 

そんなさくらが昨日、
いつも私と一緒に寝てるさくらが昨日、
どうしたわけかハヤテのハウスで寝てしまった(空いてたから、別にいいんだけど)

 
寝てるさくら

 

いつもと違う環境に、ちょっと寂しくなってしまった私。
先日のリベンジマッチとして、ハヤテを呼んでみる。

 
寝てるハヤテ

 

案の定、無視。

 
でも、私が携帯を構えたり動き出したことで、
 

寝てるチワワーズ
突然の「おいで」に寝ぼける、さくら。

 
寝てるチワワーズ2
オマエはダメだよ、ハヤテ。
 

どうにか寝たフリをやめて、尻尾を振って寄ってきた(おー、ウソクセー)
そして、お腹をみせて「撫でて~」とお願いしてくる。

「寝たかな?」と撫でる手を止めると、
「撫でて」と、また両手を振って要求してくる。

そのうち、しっかり撫でてるのに、
何度も何度も、真っ黒い純粋な目で私を見つめてくるようになった。

ちゃんと撫でてるのにな、と思った次の瞬間、
真ん丸でまっすぐに見つめてくる目が語ってることを、
私は悟った。悟ってしまった。

 
 

見つめるハヤテ
 

と言ってるのを・・・。

 
「・・・うん、わかったよ、無理させてごめんね」

と、私が撫でる手を緩めると、それを感じ取ったハヤテは、
1度も振り返ることなく、さくらのハウスへと旅立っていった。

飼い犬との心と心が通じ合った瞬間であった。

 
 

・・・って、なんだよ、それ。

いい話風にまとめてみたけど、
切な過ぎんでしょうが、私。

 

 

クリックして応援してもらえると、嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ, しつけ