さくらとハヤテ

うちの運び屋さん

さくらはおもちゃを貸してもらうと、
私たちの近くで遊びたがるけど、

というか、ひとりで遊ぶより投げて貰ったり
一緒に遊びたがるけど

ハヤテはおもちゃを手に入れた瞬間から、
異常に警戒心が強くなって、ひとりになろとするの。
(そのおもちゃを誰が貸してあげたのか、ゆっくり考えてみてほしい)

それで、私たちやさくらのいないとこいないとこと
安全な場所を探しあるくのに、
よく部屋の中を色んな物をくわえて通過してます。


(あ、で、その上で寝ちゃうんだね)

そして、自分の中で「ここなら大丈夫」と思うとこを見つけ、
あんなに一生懸命運んでたというのに、そこに放置しときます。

ちょっと前までのお気に入りの場所がココ↓で、
(さくらのハウス前)

私がココから、何度も拾い上げて片付けして、
それをまたハヤテが運ぶというシステム(?)が
我が家では作り上げられています。


だから、寝る前とか掃除するときなんかに
ちょいちょい気にして、その隅っこを見るようにしてたんだけど、
ある日、

 

あ、さくらまで運ばれてた(;゚Д゚)!

って、ことはないんだろけど、

そうやってなんでもかんでも運ぶから、
あなたの部屋はいっつもスッカスカなんですよ。


だから、そうやって
1日いっぱい遊んで、気持ちよさげに寝てるとこは、

さくらの部屋だよ。

自分の部屋なのに、
寝ようとリラックスしてるとこに近づいてけば、キレられるしねぇ。
それはさくらの苦肉の策でしょうか。

それでもさくらが天然でいじけることなく、穏やかで、
なんとなぁく、ハヤテともうまく暮らしてくれて、オバちゃん感謝。

おやすみなさい。

 

 

-さくらとハヤテ