油断した。 - ちわわブログ

さくらとハヤテ

油断した。

2018/02/04

今日は眼鏡で出勤。

会社の人に借りた本を読んでたら、
動物の生死に関わるシーンが出てきて、

 
 

久々に号泣してしまった。

お陰で、まぶたが見事にボンボコリン。

 

油断したわー。
 
歳を取って涙もろくなったのも、もちろんあるんだろうけど
(そうよ、歳を取ったわよ。お腹いっぱい取ったわよ。自覚は嫌ってほどあるんだから、
そっとしといてちょうだい←誰に言ってる)

 

チワワーズを暮らすようになってから、
もう本当にそういうのが見れなくなったし、見なくなった。
 

チワワーズ

 
まだ、さくら(チワワ ♀ 6歳)をお迎えした当初は、
「犬をもっと知りたい」というのがあって、
逆にものすんごい見てたんだけど、それも少しの間だけ、

 
もうキツくて辛くて。

 
『ワンコが主人公もの』はもちろんのこと、

ストーリーのちょっとしたアクセントとして、
例えば、「この子は以前虐待されてて」とかって聞くと、
実際、虐待シーンはなくても、そこを想像してしまって辛くなる。
 

感動物だって、
最後は生死に関わらず、なんらかの別れがくるんだろうと思って、無理無理。

 
チワワーズ2
 

だいたいYOUTOBEの動画で、

飼い主と久々に会うワンコの動画集なんかを見ても、
玄関でお座りしてるワンコが、飼い主さんに気づいて尻尾を振ったのを見ただけで、
まだ再開もしてないってのに、それまでの時間を勝手に想像して、

涙がブワァーと出てきてしまう。
 

動物は何も知らされないからね。

人間には色んな事情があって行動するんだけど、
明日大好きな人がいなくなるなんて、
全く知らず、同じように過ごすしかないからね。

そのことを思うと、また泣けてくる。
 

チワワーズ3
 

ほかのペットと暮らす皆さんはどうなんだろう。
私が過剰に想像しすぎなのか。
だけど、どんどん繋がって連想して、膨らんでいくんだもの。

 

だから、そういうのを避けてたのにー。

もう読み始めて、知らんうちにそのシーンに触れてたら、
気づいたときには、もう最後まで読むしかないじゃないのさー。

 
というわけで、明日も眼鏡だな。

 

そうです。休日出勤ですよ。もとから嫌いだった冬が、ますます嫌いになりそう。

 

 

押して応援してもらえると、嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ,