仲悪チワワーズが触れ合うとき - ちわわブログ

さくらとハヤテ

仲悪チワワーズが触れ合うとき

うちの早飯番長(ハヤテ チワワ ♂)は、
旦那さんが朝飯をくれる人だと認識してるらしい。
(どうも、奥さんは旦那さんより1時間は遅く起きるらしいよ)

 
チワワーズ

 

私も経験したことがあるから知ってるんだけど、

「あっ、コイツ起きたな、起きたよね、起こしていいよね」

と認識するために、ものすごい近く(お腹とか背中の上)で
そのときを息を殺して(はないけどね)、待ち続けてる。

 
うちはだいたい毎朝7時半ぐらいに朝ご飯をあげてるんだけど、

「4時ぐらいには、待機してた」

との旦那さんの宣言通り、

私も4時ぐらいに、別に何があったというわけじゃないのに、
さくらのハウスからムクリと起きて、
私の横を通り過ぎ、旦那さんの元へ向うハヤテの気配を感じたことがある。

 
そのときの、
横を通り過ぎる「タッ、タッ、タッ」という足音に寒気を感じた

 
被り物ハヤテ

 

ときに急いで出勤しなくちゃいけないときとか、
うっかり忘れたりとか、
旦那さんの部屋の扉を閉めちゃってたときなんか、

私が、その標的になるときがある。

 
そんなとき、以前のハヤテなら「チュッ」として、「キャッ」
と様子を見てたんだけど、

「チュッ」とするより「ベロベロ」と舐めるほうが効果があるだろうと気づいたらしく、
どうせ舐めるなら『口』より『鼻穴』のほうが起きるようだと学習し、

最新型は、勝手に人の『鼻穴』に舌を突っ込んどいて、
「キャッ」としたあげくに、「クーンクーン」とないて踊る、

という、もう起きざるを得ない、恐ろしい変化をとげた。
(唯一の救いは、私たちが起きただろうと認識するまでは、じっと待機してくれてることだ)

 

これが普通、私が横になってない状態だと、
お得意の『お願い』をブンブンし、それでも気づいてもらえないと、
その反動を利用して、

『飼い主を蹴ったぐる』という暴挙に出る。
 

お願いハヤテ
この神聖な顔でお願いしてる、

 
お願いハヤテ2
その足で蹴ってくる。

 

ハヤテは時々、暇だからなのか何なのか、
仰向けになってブヒブヒダンスを踊って
「ヒャンヒャン」いってるときがあるんだけど、

 

この前、そのとき隣りにさくら(チワワ ♀ ハヤテに興味なし)がいて、
私にするのと同じように、さくらをガシガシに蹴って興味を引こうとしてた。


 

その行動をさくらに応用してみようと思ったハヤテもアレだけど、
ガンガン蹴られながらも全く興味を示さない、さくらも随分とアレだなと思って見てた。

 

うちの会社にもチワワを2頭飼ってる人がいて、
「うちも全然仲良くないの」
という割には、この前見た写真は仲がよさそうだった。

だって、手と手が触れ合ってんだもの。
うちはそれさえも、無理。
 

チワワーズ
今となれば、この距離感でさえありえない。
 

それで考えてみたんだけど、
もうハヤテがパピーじゃなくなってワチャワチャすることもなくなり、
そうすると今となっては、
ほんのちょっとでも、さくらとハヤテが触れ合うことなんてないんじゃないのかな、

と若干寂しくなってたけど、

 
心配後無用だね、大丈夫!だって、足がふれあってるもの☆

 

 

押して応援してもらえると、嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ