ハヤテ 歯磨き

自画自賛

まったりと日向ぼっこ中のハヤテ君。

 
うちのキレキャラチワワだったけど、

ドックランでほかのワンコと絡むときや、
布団にもぐって寝てる時に、さくらが近寄ってくる気配を感じた時とか、
オヤツ持ってる時に近寄られた時とか、
私たち以外の人に撫でられ続けてると緊張感が高まってとか・・・、

って、まだまだ結構キレてるなw
 

でも、本当に少なくなったんですよ。
ただ単に、私たちとさくらがハヤテとの距離感の取り方が上手になっただけかもだけど。

 
ちょっと話はずれるけど、
ハヤテのパピー時代は本当にキレッキレだったから、
悩んで、そういう学校みたいなとこに少し通ったことがあって、

人に対してキレたときは怒らなければいけないけど、
対犬同士の場合は、お互いに序列を決めるから
血が出るような喧嘩になる前は、人間が介入しないように、って言われた。

けど、やっぱりさくらにキレそうなの見ると、反射的に怒ってしまうけどね。
そんなキレられ時代に1番困ったてことが「歯磨き」。


(あ、これ、磨いてるのは旦那さんだった)

 
どうしてもしたいのに、どうしてもキレられる。
口の中を触られるが、やっぱり1番いやなんでしょうね。
口に入れたものを取ったり、また入れたり。

必ずキレられるとわかってるから、毎晩、「はぁ」とため息をついてました。
こんなにちっちゃくて、可愛い生き物なのにねぇ。

 
だから、これ↓は私にとっての「奇跡の動画」(←おおげさかな)。
基本はうちの可愛いお嬢様の映像とともにどうぞ。

※音、出ます

 
これが初めて、最後まで歯磨きさせてくれた日。

このあと、歯磨き中に1回ぐらいはキレられたことがあったけど、
この日から、本当にとってもいい子に磨かせてくれるようになったの。

というか、歯磨き後は「ご褒美」が待ってるから、「是非とも磨いて下されぇ」という感じ。

しかも、洋服を着せられても(おじいにはなるけども)、
爪を切られても(削るぐらいしかさせてくれないけども)、
キレることが本当になくなった。

なんだか、ハヤテの中にスイッチがあって、それをONにでもしたかのように、くっきりとした変化だった。
ハヤテの中で私たちにはわからない、きっかけがあったんでしょうね。

 
そして、私はこの日の私に拍手を送りたい。
よくぞ、キレられてビビりながらも諦めずに最後まで磨ききったと!(←おおげさだね)

↓コレは歯磨きが成功する何日か前の動画。
恐い恐いバーミアンが出てくるので、またもやうちの可愛いお嬢様の映像とともにどうぞ。

※音、出ます、出ますよぉ。

 

そんなすっかりいい子ちゃんになったハヤテの歯磨きの様子はこちら↓。

時々、さくらとハヤテの歯磨きしてるようすもアップしてるので、よかったら見てください。

とはいっても、本当に歯磨きしてるだけなんで、
「もう、息するぐらいしかすることないわよ!」ってぐらい暇なときにでも、どうぞ。

 

 

-ハヤテ, 歯磨き