チワワへ愛を。 - ちわわブログ

さくらとハヤテ 毛布

チワワへ愛を。

2018/03/09

何度か書いておりますように、
うちのハヤテ(チワワ ♂ 5歳 もう立派にオッサン)は

毛布が大好き。

 
中でも、この茶色の毛布への愛情は別格で、
その激しい愛情のぶん、もうボロボロ。

 
寝てるハヤテ

 

洗濯するときなんかも、
「それだけは勘弁しておくんなせぇ」
と、すがりついてくる(→チワワの異常な愛情)。

まぁ、なきゃないで、ほかの物で代用できるようだからいいんだけど、
 

ちゅぱ後2
油断すると、バスタオルもこのありさま。
 

やっぱり飼い主としては、
1番のお気に入りを用意してあげたいと思うわけで、

もう今更ムリとは思いつつも、
『し○むら』にに寄ったときには、6年振りの再販!
なんて奇跡が起きてないかと、毛布コーナーをチェックする。

でなければ、別のお店でも、似たような手触りのものはないか、
と、毛布チェックを欠かさない。

 
ただこの毛布、赤ちゃんのときから、ずーっと酷使され続けてるわけで、
 

カゴ
もちろん、旅行も一緒に出かけます。

 
私も旦那さんも、もうどれが正解の『手触り』なのか、
もはや、わからなくなってる感がある。

 
で、この前お店で「これじゃね」と、
意見が一致したのが、こちら↓。

 
 

羊の毛布
 

一見、「羊の人形じゃん」もう毛布でさえないじゃない、
という感じなんだけど、裏返すと、
 

羊の毛布2
  羊の毛布3
 

ボタンがついてて、それを外すと毛布になるというもの。
買ったときから、この『ボタン』がネックだなぁと思ってたけど、
ぬいぐるみチックな状態で、どんな反応をするか見たかったから、
このままにいってみることに。

 

まずは、『新しもの』好きのさくらから。
 

羊とさくら

てか、ハヤテは全く興味を示さず、寄ってこない。

 

さくら(チワワ ♀ 6歳)は、ひとつのものに執着しなのに、
『新しもの』に興味津々で、いつも「何それ、何それ」
と、すごい勢いで食いついてくる。

 

 

割りに、すぐ飽きる。
 

羊とさくら2

 

あまりに速攻で興味をなくされてしまったんで、
裏返してみたら、案の定、何の迷いもなく、
『ボタン』に食らいついた。
 

羊とさくら3
 

しかたないんで、『ボタン』はハサミでちょんぎって、
もうちょっと遊んで欲しいから、私が羊を振り回してみる。
 

羊とさくら4
 

さくらは1人だと、どんな『新しもの』でもすぐ飽きるけど、
飼い主参加型だと、比較的遊んでくれる。

 

・・・という予想を見事に裏切って、すぐ放置。
 

羊とさくら5

 

この間、寄ってこないどころか、興味も示さず、
ひたすら自分の世界に入ってたハヤテを、
しかたないので、「おいで」とムリに呼んでみたら、

なんの嫌がらせか、

 
 

わざわざお気に入りの毛布を持って登場。
 

羊とハヤテ

 

少しは羊に興味を持ってもらおうと、
強制的にお気に入りの毛布は、離してもらった。

だって、噛み心地は噛んでみないこには、わからないじゃないの。

 
多分、このときすでに、かすかな疑惑は持ってたんだろう。
 

羊とハヤテ2
 

お気に入りの毛布と、羊の微妙な距離が気になって、
羊をハヤテに近づけようとしただけですのに、

「取られるっ」とか、飼い主に対して酷い誤解をしたであろうハヤテは、
慌てて、お気に入りの毛布を持って、逃げていってしまった。

 

そして、やっぱり放置される羊。
 

羊とハヤテ4

 

こ、こんなことぐらいじゃ敗北とは言えない。
次にお気に入りの毛布を洗濯するときが勝負よ(何の?)!

そのときは、ほかの毛布もぜーんぶ隠してしまって、
羊だけ置いとくという、姑息な大人な作戦を決行しよう。

 

 
押して応援してもらえると、嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ, 毛布