さくらとハヤテ しつけ

そんな仕事

2017/02/18

少し前に前に書いたばかりだけど、また書きたい。
ハヤテの旦那さんへの愛が止まらない、

 
 

止まらないんですよぉ(泣)

 
そりゃ、別に私に撫でられないこともないんですよ。
ときどき来ては、「撫でて~」ってお腹見せてくるからね。

だけど、旦那さんがいるときは、本当に旦那さんにべったり。

旦那さんに甘えてるハヤテ

ずーっと側にいて、撫でられてるか、
さくらが乱入してきて邪魔されたら上に乗ってるか。
本当にずっと、側から離れない。

だから、私はいっつもこうか
旦那さんに甘えてるさくハヤ

こういう姿を見てるだけ、遠くから。
旦那さんに甘えてるさくハヤ2

 
撫で方がなんか違うのか?
ヤツのほうが微妙にワンコ好みなのか?
なんて思ったりもするけど、結局は旦那さんが甘いからじゃないかと。

さくらたちが要求吠えをしたりすると、旦那さんはすぐ反応しようとする。
それを私が「吠えるのやめるまで、待ってよ」と言ってもきいてくれない。

「そんなんじゃ躾ができないじゃない」
という私に、なんて答えると思います?

「いいんだよ、甘やかすために飼ってんだから」って。

 
 

キーーーーーー!

話してるさくハヤ
 

玄関のピンポンにも反応して「ワンワン」吠えるの。
そんなときも
「しかたないもよねぇ、吠えるのが仕事だもんねぇ」
って、おい。

それで、こんな格差社会が生まれるんだったら、
私も「甘やかし」とか「オヤツ」という名の賄賂をあげたくなっちゃうじゃん。

って、いやいや、方向性が間違ってる。
男って、なんでこうなの!
(って、それも方向性が違うか)

 
で、最近も夜中にビリビリとイヤな音がする
と、意識の遠いトコでは思ってたんだけど、眠気に負けて朝見たら

こうですよ。
破られたシーツ

未だに、ちょいと、こんないたずらするんですよ。

それを見た旦那さんがまたもや、
「いいんだよねぇ、破くのが仕事だもんねぇ」

って、そんな仕事はねぇっ!
どんな仕事だよ。

おかげでうちのチワワはすっかり「困ったちゃん」に成長できましたよ(怒)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

-さくらとハヤテ, しつけ