さくらとハヤテ しつけ

このしつけはダメらしい。

2019/04/01

みなさん、ワンコを叱るとき、
高い声で注意するのは、「よろしくない」というのをご存知?
 

特に私たち女性が、

「こら~、ダメ~」っと高音で注意すると、
こっちは一生懸命叱ってるつもりでも、
ワンコにとっては、

「あれ、遊んでくれてる?」
 

はしゃぐハヤテ

 

と、勘違いしてしまうことがあるらしいんです。
(だから、もっとそのダメな行動を増幅させちゃうことも)

だから注意するときは、
キリっと恐い顔をして目を睨み、重低音で言いましょう。

そして逆に、褒めてあげたいときは、
高い声で、ご近所の人に不審な目で見られない程度の
オーバーリアクションで喜んであげましょう。

 

さて、何度も書いてるように、

うちのハヤテ(チワワ ♂ 6歳)は
私たちに対しては、「出せ!」というと、
口に入れてたものも出してくれるぐらい、
(さくらしか知らなかったときは、
そんなことができる犬がいるなんて信じられなかった)

 

食べるさくら

 
いい子に育ってくれたけど、
対犬に対しては、ものすごく横暴です。すぐキレます。

 

なので、一緒に暮らしてるさくら(チワワ ♀ 7歳)が
いっつも被害に遭ってます。
いつも自分が自分がです。

 

チワワーズ
わりにあぶくが出ちゃってますが。

 

最近は「ヴーー」と威嚇だけで終わることも多かったけど、
この間、久々に大っきくキレたことがあって、

あまり犬同士のことに構うのはなぁと思いつつも、
さくらがビクッとする姿を見ると、
やっぱりどうしても注意したくなる。

 

ライダーさくら

 

そこで、子犬同士がワチャワチャと遊んでて、
力を入れ過ぎちゃった子を叱る母親のように

四つんばいになってハヤテの目の高さに合わせ、
「やめなさい」という気持ちを込めて、
私も「ヴー」と低い声で唸ってみました。

すると、どうでしょう。

 

 

ハヤテの上唇もわずかにニキニキと上がってきました。

 
キレぎみハヤテ2

 
 

・・・・あ、あれ?怒ってる?

 

さらに「こらっ!」という気持ちで、
「ヴヴヴ・・・ギャン!!

と吠えてみると、
ハヤテの上唇も明らかにグイッとあがった。

 
いつも注意されたときは表面的だとしても、
形なりにも「ごめんごめん、許してー」

と反省した姿を見せてくるのに、
 

謝るハヤテ

 

どうやらこの方法、ハヤテにとっては、

「そっちがやるなら、こっちもやるよ」

という気持ちにさせてしまうみたい。

 

恥ずかしい格好のわりに、
うん、失敗でございました。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

-さくらとハヤテ, しつけ