さくらとハヤテ 旦那さん

幸せなひととき。

旦那さんが家に居ると、
チワワがわらわらと群がってます。

 

旦那さんに群がるチワワーズ

 

さくら(チワワ ♀ 7歳)は
小さな頃から旦那さんの胸元におさまるのが好きで、
車庫入れのように、
くるりと回って上手に胸元におさまります。
 

そしてハヤテ(チワワ ♂ 6歳)は、
毛布をチュパっては旦那さんの口舐め、
 

口舐めハヤテ6

 

というルーティンを持ってるので、
定期的に旦那さんのところに行きます。
 

このとき、そのまま撫でてもらうために
ハヤテが旦那さんのとこにとどまることがあって、
そうなると、

「さくらが動いた」だの
「さくらが近すぎる」だんのと、

もめてたりします。

 

そして、定期的に私に怒られる。
 

起こられハヤテ

 

んで、ハヤテはまたこっちの部屋で毛布に戻り、
さくらには静かな時間が訪れるんだけど、
 

この前旦那さんが通りすがりに、

私の部屋に戻ってきたけど、
私から離れて
一心不乱に毛布をチュパってるハヤテを見て、

「本当に人気ないねぇ。
ハヤテなんて
 

懐いてないように見える
 

と言いやがった。
 

『懐いてない』って、

「好かれてない」より、
「旦那さんのほうが人気がある」より、

1番ヤだわっ。
 
飼い主の私に懐かないで
誰に懐くっていうのさっ。
 

だから時々、

「撫でて」と求めてくるわけでもなく、
かといって離れるわけでもなく、
 

こんな感じに↓、体の1部だけくっつけて、
 

くっつくお尻

 

静かにハヤテが側にいてくれると、
ただそれだけのことで、
 

くっつくお尻2

 

その暖かさに、
ちょっと安心してしまう私。

でも、何をしてるのかは不明。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ


 

私が勉強してる「しほ先生」の教材はこちら→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

-さくらとハヤテ, 旦那さん,