さくら

夢の続き

前回、

私に怒られてシュンとするハヤテ(チワワ ♂ 6歳)に
さくら(チワワ ♀ 7歳)がマウントする。

という夢を見て色々と考えてしまった。
と書いたんですが(→コチラ)、
 

よくよく考えてみれば(よくよく考えなくても)
さくらがそんなことするなんて、

 
なでられたいさくら2

 

まぁ、あり得ない。
 

普通の触り方ならどこを触っても、
どこに顔をうずめで鼻でグリグリしても、怒らない。
ハヤテに対しては顔をうずめるのに、まだ緊張感あり。
 

なでられたいさくら5
特にこの部分に自分の鼻を差し込むのがたまらないです。

 

もし、イヤだな不快だなと思うことがあったとしても、
さくらは戦うよりなら、逃げるタイプ。
 

そりゃ車から離れる私たちに

「行くんじゃねぇよ、この野郎!!」

と吠えたり、
「あれ、虫がわいたかな」という
異常なテンションのときもある(主にいたずらしてるとき)けど、
 

普通はぼんやりと穏やかで、
 

なでられたいさくら3
 

チワワーズを見比べてると、

その後の環境の影響は色々あるかもしれないけど、
やっぱり持って生まれた性質ってあるよなぁ、

と思うわけです。

 

赤ちゃんさくら

 

あ、でも

いつもはかなりぼんやりと暮らしてるさくらだけど、
唯一『食』に対してだけは厳しい。
 

食べてる最中に撫でると、
いつもからは想像できない勢いで

 
唸ってきます。
(ご飯をあげたのはオバちゃんなのに。オバちゃん、超ショック)
 

ハヤテは全然気にせず食べ進めるのに、
さくらは唸りつづけます(まぁ最後はあきらめて食べるんだけど)

私が勉強してる教材でも(→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

 
食べ物とかに執着してるワンコへの対処が出てるんだけど、
そこで『しほ先生』が「白目に注意してください」
って言ってって、

さくらの顔は、
その注意しなきゃいけないときの顔、そのまんま。

本当にもう、そのときの顔ったら。
 

って、あれ、今回は

さくらの穏やかな性格のことを、
その性格に日々助けられてることを書こう。
 

なでられたいさくら4

 

って思ってたのに、
いつの間に、こんなことに・・・。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ


 

私が勉強してる「しほ先生」の教材はこちら→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

-さくら