ハヤテ 病気・怪我

怪我させちゃったよ凹

ハヤテ(チワワ ♂ 6歳)の足に怪我をさせてしまった・・・。
 

見つめるハヤテ

 

今は怪我をした日から3日ほど経っていて、
もうほぼいつも通りになってくれたんだけど。
 

散歩から帰ってきて、

「なんだやたら右後ろ足を舐めてるなぁ。
足の裏に何か付いたかな」
 

右後ろ足を気にするハヤテ

 

と思ってハヤテを呼んだら、

右後ろ足を付かず『けんけん』のように
ぴょんぴょんと跳ねながら、
私に近づいてくる姿を見てギョッとしました。
 

何か刺さってしまったのかと思って、
肉球を触ってみても、
嫌がる様子も痛がる様子も見せない。

でも、移動するときは後ろ足を付かないようにする。

 

右後ろ足を気にするハヤテ2

 

すぐに病院に連れてって診察してもらい
レントゲンを撮ってもらいました。

結果は骨には全く問題はなくて(よかったよぉ)
触診のときに股関節のあたりを動かしてみたら、

「ヒャン!」

と悲鳴を上げたので、
そのへんを捻ったりしたんじゃないか、とのことでした。
 

痛み止めの注射をしてもらって
薬をもらい安静にさせて様子を見る。
ということで、
おかげさまで今はいつものハヤテにもどりました。
(後ろ足を気にする様子もなくなったし)

 

「痛みを結構がまんしてたと思います」
 

右後ろ足を気にするハヤテ3

 
と先生に言われて、

よく「犬は痛みに対してがまん強い」と聞いてたけど、
さくら(チワワ ♀ 7歳)はともかくとして、
ハヤテは異常があるとすぐに「どうにかして」
とキュンキュンないて訴えかけてくるイメージがあったから、
ハヤテに関してはそれはないな、と今まで思ってたけど、

 
「あれ、変だな痛いな」
 

見つめるハヤテ2

 

と黙って1人で思ってたのかと思うと申し訳なくて。
 

最近は大変なことや面倒なことが続いてて、

「色々と雑になってるから気をつけなきゃな」

って思ったばっかりだったのに。
 

原因はお散歩バックにハヤテを入れて
立ち上がろうとした瞬間に、
ハヤテが飛び降りたことだと思います。
 

散歩中のハヤテ

 

そのときも、
ハヤテが痛がる様子を見せなかったことや
立ち上がるときで高さもあまりなかったのもあって、

「ハヤテが怪我しちゃったんじゃないか」

ということより、

「リードがつながってないのに逃げたら大変」

ということばっかり考えてて、もうどうしようもない・・・。
 

そんなんだから、ハヤテが怪我をしてるのに、
すぐに気づいてあげることもできやしない。

 

チワワーズ

 

さくらとハヤテが目の前で
普通に暮らしてくれてることの大きさを、

改めて考えた出来事でした。
 

ハヤテ、本当にごめん。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ


 

私が勉強してる「しほ先生」の教材はこちら→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

-ハヤテ, 病気・怪我