さくら 病気・怪我

健康診断、雨のち・・・。

さくら(チワワ ♀ 7歳)の『健康診断』の結果で、
心臓の数値が思わしくなかったので(→コチラ)、

改めてエコーとあと念のため肺のレントゲンを
撮ってきました(心臓が悪くなると、肺にも影響することがあるんだそうです)

で、結果はというと・・・、

 

全く問題なし。

 
あんなに「泣く!」とか言ってたのに、なんかスミマセン。
 

心臓の形が変わっていたりとか、
水が溜まってたりとか、
影ができてたりとか、
伸縮の強さとか、

異常が出るんじゃないかと思うとこの
どこにも問題は見られなかったそうです。
(肺に関しては年齢よりもレイだそうで)

 

くっついてるさくハヤ

 

ほかの数値の場合は、

実際に異常があるとしたら、
びっくりするぐらい数値が高くなってしまから、
正常値を超えてても許容範囲というか、
そういう感じなんだけど、
 

さくらが高かった数値が、

先生の説明だと結構正確なほうで、
さくらはギリギリ正常範囲に入ってたけど、
1でも超えたら「異常があるんじゃない?」
と疑っていい数値なんだそうです。

 

さくらとハヤテ2

 

その説明を受けてたんで、

さくらの肉体的に、
今すぐどうこうということはなくても、
治療や薬は始めることになるんだろうな、

と覚悟してました。

 

うみのさくら2

 

ので、ほっとしたような拍子抜けのような。

そんな気分で病院を出ると、

目の前に旦那さんが。
 

さくらが心配だったのと、
その結果、私がまた泣きべそかいてんじゃないか、

と来てくれたらしい。

「全く問題ないんだって」
と説明すると、

「そっか、じゃあ、オジちゃんと一緒に帰ろう」
とさくらを連れて帰っていきました。
 

その後、私は1人で買い物して帰りましたとさ。
優しいんだか、優しくないんだか。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ


私が勉強してる「しほ先生」の教材はこちら→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

-さくら, 病気・怪我