いたずら おもちゃ さくらとハヤテ しつけ

ぐるりと1周した。

昔の写真を見てると、「あぁ、またやってんな」
というのに出会う。
 

そのひとつが、これ。
 

おもちゃで遊ぶさくら
 

こう↑、珍しくさくら(チワワ ♀ 7歳)が興味を持って
おもちゃをカジカジしてますとな、

 
もう、それはそれはお決まりで、
 

おもちゃを狙うハヤテ

 

当然、コヤツがやってくる。
ワンパターンで、ホント申し訳ない。

 
わざわざ書く必要はないと思うけど、
当然ハヤテにもオモチャを貸してあげてますよ。そりゃ。

 
私が見てる前だから人のものはとってはいけないと知ってるから、
強引に取りにいったりすることはないんだけど、

こうなるともう本当にハヤテ(チワワ ♂ 6歳)は、

 

 
 

しつこいっ。

 

おもちゃを狙うハヤテ2
   おもちゃを狙うハヤテ4

おもちゃを狙うハヤテ3

 

わかったよっ!

 
もう自分のものになるまでは、ずーっとずーっと隣りにいる。

これは別に行儀よく順番をまってるわけじゃなくて、
さくらが一瞬でも口からおもちゃを離したなら、
その隙に奪ってやろうと、待っているのだ。

どうやら、ハヤテの中では口から離れたものを奪うのは
取ったことにはならないらしい。
(これ、逆パターンはものすんごいキレますけども)
 

で、案の定というかワンパターンというか、
その圧に負けて、
 

奪われたさくら

 

うん、そうか。
 

奪われたさくら2

 

わかったよっ!(2回目)

 

不憫なんで、さくらには別のオモチャを貸してあげることに。
 

おもちゃで遊ぶさくら2
ごめんよ、これで我慢しておくれ。

 

でね!
 

おもちゃを狙うハヤテ5

 

来ちゃうんだね、やっぱり。
お前、さっきのオモチャはどうしたよ。
 

で、やっぱり欲しいものを手に入れるまで、
ストーカーばりの執着をみせる。

 
 

おもちゃを狙うハヤテ6

おもちゃを狙うハヤテ7

 

知らんよっ!
 

こういうとき、さっきまでハヤテが噛んでオモチャを指差して、
「あれ、ハーちゃんのオモチャは?」
と言っても、チラッとおあいそ程度に見るだけで、
狙った獲物の側を決して離れない。
 

さらに、『お座り』や『伏せ』して待ってることができなくなって、
(別に頼んだわけじゃないのに、勝手にやってみせてただけだけど)

ずうずうしく、かなり近距離まで攻め寄る。
 

おもちゃを狙うハヤテ8

 

もちろん、そんなイレギュラナーな圧にさくらが耐えれるわけがなく、
思わず口からオモチャを離しちゃうわけ。

 
すると、
「あ!今、離しましたよね。
確かにそのとき、その証拠品はあなたの口から離れましたね。

以上です、裁判長」

と、自分ルールでオモチャを奪い去っていく。
 

せっかくの2度目のオモチャまで
ジャイアンに奪われちゃったさくらは、
 

奪われたさくら7

 

しかたがないんで、
1番最初に遊んでた、1番お気に入りのオモチャで

遊ぶことにしましたとさ。
(ってハヤテよ、お前は何がしたかったんだよ)

 

奪われたさくら8

 

こうやって書くと、まるでハヤテが
ジャイアンのように自分勝手で我がままみたいに感じるかもしれませんが、

 

残念ながら、その通りです(全くフォローできず)

てか、映画でみせるジャイアンの男気とか優しさも持ち合わせてません。

 
 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

-いたずら, おもちゃ, さくらとハヤテ, しつけ