さくらとハヤテ 実験

トリュフの豚

うちのハヤテ君(チワワ ♂ 6歳)は、
 

毎日毎日、大変ありがたいことに、
うるさい小姑のように、

 
床を掃除してくれる。
 

床を舐めるハヤテ
いつもいつもお勤めご苦労さんです。

 

以前にも書いたことがあるけど、
ハヤテがさくら(チワワ ♀ 7歳)の匂いを嗅ぐとき、
 

近すぎハヤテ2
 

と、↑こんな感じに、なんの遠慮もなく鼻をずっぽし入れて嗅ぎます。

そんなんじゃ鼻がふさがれちゃって、
逆に匂いなんか嗅げてないんじゃないかと思ってしまう。

 

さくらとハヤテ
それはパピーの頃から変わらないスタイル。

 

『鼻ぺちゃ』だから、こうなのかしら。

 
で、床を掃除してくれてるときも、すごいのよ。
ブブブブ、ブブブブ。

結構激しい音を出すから、みんなにも是非聞いて欲しい(なぜ)

と思ってたんだけど、
始まるのは突然だし、携帯探してるうちに終わっちゃってるし、
部屋は汚いし、あと続けて2日は夕飯恵方巻きだし、

と、なかなか撮ることができない。

 
なので、その場面を人工的に作り上げることにしました。

 

オヤツを待つさくら
 

↑こんな感じにオヤツをまき散らしまして、
さくらの表情は、このさい無視して。

 
食べ終わったら、
「もっとオヤツが落ちてるんじゃない?」
と探し始め、そのときに鼻を鳴らすんじゃないか。

という作戦でございます。

 
案の定さくらも、
速攻で食べ終わると、
 

食べ終わったさくら

 

やっぱり、オヤツを求めて、
そこら中の匂いを嗅ぎ始めました。
 

食べ終わったさくら2
 

食べ終わったさくら3
そして、もう無いと理解したあとの悲しげな表情。

 

よし、これなら何とかハヤテのブブブを
みなさんにお届けできそうですっ!

では、はりっきって、どうぞー!!

※音、出ます。

 

・・・ダメだ。
ハヤテの実力は、こんなものじゃないのに。

床掃除をしてるときのハヤテの様子を見て旦那さんが、

 
 

トリュフを探してる豚ののようだ。
 

と言ってた。
言いえて妙である。それ以上的確な例えを私は知らない。

 
ただ、トリュフを探してる豚を見たことないけど。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

-さくらとハヤテ, 実験