しつけ ハヤテ

キレる、オレ。

ハヤテ(チワワ ♂ 7歳)は小さな頃(今も体は小さいケド)
ずいぶんな『噛みっ子』でした。
 

ベビーハヤテ

 

洋服を着せようにも、歯磨きをしようにも、
抱っこしようにも、
なんでもとにかく自分が「イヤだ」と思うことなら、
 

本気でキレて噛みついてくる。
(表情もいつもと全く変わっちゃうし)
 

頑固なハヤテ3
勝手に噛んで猛省中。猛省中なため私の話は全く聞かない。

 

「こんな子、どうやって育てりゃいいの」

と本気で悩んでました。
 

それが今じゃすっかり、飼い主に対してだけは、
いい子に育ってくれました(飼い主以外には未だ危険度大です)
 

そんな『暗黒期』の中で、
1番困って、1番不思議だったのが、

「撫でてくれ」と言ってくるのに、
撫で続けてると、なぜか噛まれるというもので、
 

撫でられつつキレるハヤテ

 

噛まれなくなってからも、しばらくは
撫でてる間、ハヤテの顔が確認できなきゃ不安でした。
 

そんな当時の『なごり』が今でもときどき顔を見せます。
 

撫でられつつキレるハヤテ2

 

本当に何かイヤだなと思うことがあって、
こうなっちゃう場合と、
やっぱり特に理由はないんだけど、
上唇がニキニキしてきちゃうときがあるようで、
 

ただ前と違うのは、
このまま撫で続けたとしても、

もう噛みついてくることは、ない、

ということです。
 

撫でられつつキレるハヤテ3
こんなニキニキ状態の上唇を触っても、今じゃ噛みません。

 

ンフー、ンフーと鼻で荒く呼吸して、
自分で呼吸と気持ちを整えることができるようになりました。

本当に成長したもんです(オバちゃん感動よ)
 

ただ、今でも一緒に寝てて不用意に動くと、

 

そこは、余裕で噛まれます。

 

だから、ハヤテが布団に潜り込んでくると、
私は全く動けず、背中が痛くて仕方ありません。

 

↓帰り際に、ポチと押してもらえると喜びます、私が。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ


私が勉強してる「しほ先生」の教材はこちら→Inuversity(イヌバーシティ) ~いぬ大学~

-しつけ, ハヤテ