さくら

嗅げない女

2017/01/26

初めまして、『ハヤテ』です。

ベビーハヤテ
2012年10月25日生まれの男の子です。
長所は誰にでも分け隔てなくキレることができることです。
特技は状況を問わずキレることできることです。

あれ、デジャブ?と思った方。
間違いないス。

 

あぁ、ネットで時々見かける、
一緒に寝てたり舐めあったりしてるとこを夢見てたのに、
本当にそれは夢のまた夢。

(本当に稀に一緒にいても緊張が漂うお2人さん)
さくらとハヤテが一緒にいる

(緊張感に耐え切れず、とりあえず寝てみるチワワ)
さくらとハヤテが一緒ンにいる2

 

そんな飼い主の夢に付き合わされちゃった、さくらちゃん。
ハヤテとの共同生活をどう思ってるのかは、
この↓表情で察してあげたい。
一緒に抱っこされて不満そうなさくら

 

さくらはもともと、他のワンコに興味がなかったから、
ハヤテをお迎えするときは
どんなもんかなと思ってたんだけど、
最初の頃はさくらなりにハヤテの面倒を見ようとしてくれてた(?)のに、ね。
遊んでるさくハヤ
ごめんよ、さーちゃん。

 

そんな感じで、毎日成長していくごとに鋭い切れ味を見せつけられるにつけ、
さくらもキレポイントがわかってきたようで。

前回書いたようにハヤテがはチンピラがいちゃもんをつけるがごとく
ぐいぐい、鼻をぴっしちつけて、がっちり匂い嗅いでくるってのに、
自分が嗅がれるのは大嫌い。

なもんで、さくらは自術を磨いた。

それは

 

 

 

 

 

 

 

「こっそり嗅ぐ作戦」。

 

これも、
ハヤテをこっそり嗅ぐさくら
(お尻ではなく背中あたりを嗅ぐのがポインツ)

 

これも、
ハヤテをこっそり嗅ぐさくら2
(通りすがりのお尻を・・・、)

ハヤテをこっそり嗅ぐさくら3
(こっそり頂く)

 

これも。
ハヤテをこっそり嗅ぐさくら4
(強引に割り込んできたハヤテに緊張感を見せつつも、)

ハヤテをこっそり嗅ぐさくら7ハヤテをこっそり嗅ぐさくら8ハヤテをこっそり嗅ぐさくら9
(「こっそり嗅ぐ作戦」、お見事、成功☆)

ハヤテが気づいて、
上唇が上がるか上がらないかという絶妙なタイミングで顔をさっと離す。
ときどき、追っかけすぎてハヤテが「あ?まさか俺のお尻、嗅いでないよね」
と、確認作業が入ることもあるけど。

ハヤテをこっそり嗅ぐさくら5
(ちなみに自分は、がっつり嗅がれている)

嗅いでることがバレないようにする技術が上がっていく姿を見るにつけ、
それはそれで、申し訳ないような寂しいような気がする私。

でも、争わずに生きてく術をさくらが身につけたんだしね、偉い、偉い。

 

ただ、もし口がきけるなら、ひとつ教えてあげたい。
友達をこっそり嗅ぐさくら

お友達はハヤテと違って優しいから、
そっと嗅ぐ必要はないんですよ、と。
友達をこっそり嗅ぐさくら2

そんな、さくらが健気でまた愛おしい。

 
 
 
 

-さくら